熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

1069291 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

全国英語弁論大会出場 市長表敬訪問

 

ふれあい講演会


 武蔵ヒートベアーズ
 富田大貴選手(中央)
 

世界チャンピオン木村選手
玉井中学校卒業生
 

2月予定

1月
20(土) くまなびスクール
22(月) 私立受験中心日
           (3年給食なし)
23(火) 学年朝会
26(金) 3年進路相談(~31日)
     夢いっぱいアート展(~2/2)
27(土) くまなびスクール
2月
3(土)くまなびスクール
6(火)全校朝会
8(木)専門委員会
9(金)2年高等学校訪問
10(土)午前授業日(全学年) 
     1・2年授業参観 学級懇談
     第2回学校保健委員会
     研究授業(国語)
13(火)生徒朝会
15(木)3年後期期末テスト①
16(金)3年後期期末テスト②
     PTA新旧本部役員会
17(土)くまなびスクール
19(月)県公立高入試出願
         (~20日12:00)
20(火)学年朝会
22(木)県公立高入試志願先変更期間
     (~23日16:00)
24(土)くまなびスクール
     PTA新旧全体委員会
     部活動中止(~28日)
27(火)1・2年後期期末テスト①
28(水)1・2年後期期末テスト②

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー28人
ログインユーザー0人

生徒会会則

・第1章 名称
  第1条 本会は熊谷市立玉井中学校生徒会とする。
・第2章 目的
  第2条 本会は、生徒の主体的活動と協力により、健康で心豊かな粘り強い生徒として、
       将来民主国家に役立つ人間となることを目的とする。
・第3章 組織
  第3条 本会は、熊谷市立玉井中学校に在籍する生徒で組織する。
  第4条 本会は、目的を達成するために、運営組織を別に定める。
  第5条 本会は、次の機関を置く。
   1 生徒総会
   2 生徒評議会
   3 本部
   4 専門委員会
   5 部活動
   6 監査
   7 選挙管理委員会
・第4章 生徒総会
  第6条 生徒総会は、本会の最高決議機関である。
  第7条 生徒総会は、全会員で組織する。
  第8条 生徒総会の議長および副議長は、原則として本部以外の生徒から選出する。
  第9条 生徒総会の議長は、生徒総会の議事を司り副議長は議長の補佐を行う。
  第10条 生徒総会の常会は毎年一回会長が召集する。
  第11条 本部は必要に応じて、臨時の生徒総会の召集を決定することができる。
        しかし、この場合生徒評議会の承認を必要とする。
  第12条 定例の生徒総会では会報の報告、役員の報告、年間行事や予算の承認、
       行事計画や決算の承認、会則改正とその他の活動に関する基本的な事項の
       審議または決議を行う。
・第5章 生徒評議会
  第13条 生徒評議会は、各学期に選出された各学級の代表者2名(男女学級委員)により構成する。
  第14条 生徒評議会は、本会の決議機関であって、全校的な規模での活動事項について審議決定する。
       おもな事項は次の通りである。
   1 本部より提案された事項。
   2 各学級や本会の各機関から出された全校的な問題。
  第15条 生徒総会の承認を要する事項については、生徒総会で承認を得る前に
        生徒評議会で審議することを要求する。
  第16条 生徒評議会は学級の意見を生徒評議会へ反映させると共に、学級と
        生徒評議会を密接にする活動を行う。
  第17条 本部は本会の運営を総括する機関であり、本会の活動推進機関である。
        そのおもな内容は次の通りである。
   1 本会が主催し、全会員が参加する活動の企画と運営。
   2 本会の各機関の連絡調整。
   3 生徒評議会に提出する原案の作成。
   4 生徒総会の企画運営。
   5 本会の予算案の作成。
   6 本会の予算案の執行と決算報告。
   7 年間の事業計画の作成、実施ならびに事業報告。
   8 生徒会誌、生徒新聞の作成、発行に関すること。
   9 その他、本会の活動を活発にするための活動。 
   第18条 本部は次の様に構成する。
   会  長 ・・・本会を代表し、会務を総括し、本会の発展に貢献する。
   副会長 ・・・会長を補佐し、会長が不在のときはこれを代行する。
   書  記 ・・・会務を処理し、記録する。
   会  計 ・・・会費の出納管理にあたる。