熊谷市立玉井中学校

     〒360-0831 熊谷市久保島888番地
          TEL:048-532-3577
        URL:http://www.tamai-j.ed.jp

             志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒を育てる


 

学習支援サイト

【WEB版「くまなびスクール」】
http://www.kumagayashikyoi.jp/

【文部科学省「子供の学び応援サイト」】https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/index_00001.htm

【新 彩の国 体つくりチャレンジプログラム】
https://www.youtube.com/watch?v=Sa-ttbzyqc8

【中3向け テレビ放送を活用した学習支援 study for YOU】
https://www.center.spec.ed.jp/埼玉県立総合教育センター/テレビ放送を活用した学習支援
 

現在のアクセス件数

47723R2.4.1~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

市長とのハートフルミーティング

 

世界チャンピオン木村選手
玉井中学校卒業生
 

メニュー

学校紹介学校研究H30,R1生徒会若木祭体育祭部活動学校だより学年だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡H30「花の友」の軌跡H31「花の友」の軌跡学校評価

6月(水無月みなづき)予定

6月1日(月)から6月19日(金)にかけて、A~Cの3グループに分かれ、下記のとおり分散登校を行います(5月27日現在。変更の可能性もあります。)

Aグループ
登校日・・・6月1日(月)、6月4日(木)、6月9日(火)、6月12日(金)、6月17日(水)
※1日(月)、17日(水)は5時間授業、それ以外は6時間授業
1年生出席番号(1~10番)、2年生出席番号(1~12番)、
3年生出席番号(1~12番)の生徒

Bグループ
登校日・・・6月2日(火)、6月5日(金)、6月10日(水)、6月15日(月)、6月18日(木)※2日(火)、18日(木)は5時間授業、それ以外は6時間授業
1年生出席番号(11~20番)、2年生出席番号(12~24番)、
3年生出席番号(13~24番)の生徒

Cグループ
登校日・・・6月3日(水)、6月8日(月)、6月11日(木)、6月16日(火)、6月19日(金)※3日(水)、19日(金)は5時間授業、それ以外は6時間授業
1年生出席番号(21~最後)、2年生出席番号(25~最後)、
3年生出席番号(25~最後)の生徒


日課表 (6月1日㈪~6月19日㈮)
 8:25・・・・・・・・・・・出席確認
 8:25~ 8:35・・・若木タイム
 8:35~ 8:45・・・朝の会
 8:50~ 9:30・・・1時間目
 9:40~10:20・・・2時間目
10:30~11:10・・・3時間目
11:20~12:00・・・4時間目
12:00~12:30・・・昼食(弁当)
12:30~12:40・・・昼休み
12:40~13:20・・・5時間目
13:30~14:10・・・6時間目
14:10~14:20・・・帰りの会
14:30完全下校 ※5時間の日は13:40完全下校

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー7人
ログインユーザー0人

校章の由来

      
 
【校章考案者の小林啓三先生】
  平成19年10月吉日、玉井中学校の校長室においでいただき、玉井中学校の校章についてのお話や開校当時の生徒たちの様子等について貴重なお話を伺うことができました。
  玉井中学校の校章に込められた願いは、以下のようです。
 
 「桜の花弁
  玉井小学校の地で開校当時は、桜の木の下で勉強する“青空教室”でした。そこで、当時の桜を    
 基調にデザインしました。なお、花弁が4つ、花弁の先が8つあるのは、四方八方の幸福を祈願していることを表しています。また、花弁の外枠をなぞると玉井の「井」の字になります。
 
 
 「花の萼(がく)の部分のまが玉
  「玉井寺の井戸から“玉”が出る。その“玉”を本堂に飾り付ければ、永遠の幸福が叶う。」という夢
 を一藁住職がみて、“まが玉”を玉井寺の井戸から取り出しました。永遠の幸福を願って、その“ま
 が玉”を花の萼の部分に4つ配しました。
 
 「“中”の字の周りの黒い点々
   黒い点々の一つ一人は、大里郡玉井村を構成する全地区民の一人一人を表します。「新堀」、
 「久保島」、「玉井」、「沿道」の全地区民に支えられ、全生徒・全職員と共にあることを表していま
 す。
 
 ※校章は、当時、男子の帽子の記章に、女子の制服のバッジになりました。、