熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

1167940 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

全国英語弁論大会出場 市長表敬訪問

 

ふれあい講演会


 武蔵ヒートベアーズ
 富田大貴選手(中央)
 

世界チャンピオン木村選手
玉井中学校卒業生
 

メニュー

学校紹介学校研究生徒会若木祭体育祭部活動学校だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡学校評価

8月(葉月)予定

1日(水) 夏季休業日(~8/26)
     玉なび(数9:30~)
     埼玉県吹奏楽コンクール
     北部地区大会
 2日(木)1年2組清掃担当
     玉なび(理9:30~)、
      PTAバレーボール練習会
      (19:30~)
 3日(金)
 4日(土)
 5日(日)
 6日(月)玉なび(国9:30~)
 7日(火)
 8日(水)
 9日(木)1年3組清掃担当
      PTAバレーボール練習会
      (19:30~)
10日(金)玉なび(数9:30~)
11日(土)閉庁
12日(日)閉庁
13日(月)閉庁
14日(火)閉庁
15日(水)閉庁
16日(木)閉庁
17日(金)1年4組清掃担当
18日(土)
19日(日)
20日(月)
21日(火)全校登校日
22日(水)
23日(木)PTAバレーボール練習会
      (19:30~)
24日(金)2年1組清掃担当
25日(土)
26日(日)
27日(月)前期後半授業開始
     全校朝会
     特別日課(3時間授業)
28日(火)特別日課(火12行の
      3時間授業)
29日(水)特別日課(火356の
      3時間授業)
30日(木)弁当持参、3年実力テスト
      1・2年課題テストの5時間授業
      PTAバレーボール練習会(19:30~)
31日(金)給食開始、通常日課                                        

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー35人
ログインユーザー0人

玉井中学校のロゴマーク


玉井中学校が作成した『ロゴマーク』とその実践について

 熊谷市教育委員会が推進する「4つの実践と3減運動」をしっかりと本校に於いて浸透させるべく、新たに本校独自の「ロゴマーク」を作成し、平成22年度より、学校だより、学年だより、学級だより、保健だより等々、できるだけ全ての文章にこの「ロゴマーク」を掲示し、常に目に触れるように工夫しています。

  「熊谷の子どもたちは、これができます!」として示された「熊谷教育のアクセルとブレーキ」のアクセルに当たる「4つの実践」の取組は、玉井中学校に於いては、
(1)基本的生活習慣の確立(←朝ごはんをしっかり食べる。)
(2)授業規律の徹底。(←呼ばれたら「はい」と元気よく返事をする。)
(3)挨拶運動の励行。(←「ありがとう」「ごめんなさい」と言う。)
(4)心に響く歌声づくり(←友だちをたくさんつくる。)
(5)環境緑化の推進(←友だちをたくさんつくる。)
の5つの具体的な取組を積み重ねる内に、自ずと育まれて参りました。
 また、「熊谷教育のブレーキ」に当たる「3減運動」(「テレビの時間を減らします。」「ゲームの時間を減らします。」「携帯電話やパソコンに触れる時間を減らします。」)は、各種の講演会の実施や様々なアンケート調査等を通して保護者や地域を巻き込んで地域全体の運動として積極的に取り組んでおります。
 日々の学習や運動に明るく元気にそして真剣に打ち込む子どもたちの変容ぶりを目の当たりにして、私たち玉井中学校職員は、「“環境”が生徒を変える」「“環境”が生徒を育てる」という事実を実感してまいりました。
 熊谷の子どもたちの“4つの実践”と“3減運動”を土台にした本校での取組を通して、「確かな学力」を育む指導は、子どもたちの生活基盤である生活環境をしっかりと見守り、育んでこそ構築することができることを改めて感じております。
 今後も、この活動を継続し、さらに充実・発展させて、玉井中学校の一人一人の生徒にとって“心の故郷”となる学づくりを目指していく所存です。