熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

1140575 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

全国英語弁論大会出場 市長表敬訪問

 

ふれあい講演会


 武蔵ヒートベアーズ
 富田大貴選手(中央)
 

世界チャンピオン木村選手
玉井中学校卒業生
 

メニュー

学校紹介学校研究生徒会若木祭体育祭部活動学校だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡学校評価

6月(水無月)予定

1日(金)3年修学旅行3日目
4日(月)~8日(金)部活中止
5日(火)全校朝会、下校指導
6日(水)くまなびスクール(開校
    式、これ以降「くまなび」
    と表示する)
7日(木)前期中間テスト1日目、
    学校総合体育大会市予選
    代表者会議
8日(金)前期中間テスト2日目、
    2年暑さ対策サポート
    事業
9日(土)PTA本部役員会9時~
11日(月)~29日(金)前期教育実習
12日(火)全校朝会(学総激励会)
14日(木)保健体育授業研究会
15日(金)生徒会専門委員会
21日(木)学総大会中心日①、
    第1回パソコン検定(パソコン部)
22日(金)学総大会中心日②
23日(土)学総大会中心日③
26日(火)月例登校指導、学年朝会
27日(水)学総大会(陸上)、くまなび
30日(土)学総大会地区代表決定戦

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー31人
ログインユーザー0人

平成23年度2年生の取組

スローガン
大滝思い出創り隊 ~深めよう絆大作戦~
  

1 日  程
    1日目:平成23年7月12日(火)
       7:00 学校集合
       7:15 出発式
       7:30 学校発
       9:30 大滝げんきプラザ着
      10:00 開校式
      10:30 野外炊事

      15:00 オリエンテーリング
      17:20 夕食
      18:30 キャンプファイヤー
      21:30 実行委員会議
      22:30 消灯
    2日目:平成23年7月13日(水)
       6:00 起床
       7:00 朝食
       7:45 閉校式
       8:00 大滝げんきプラザ発
       9:00 白泰山登山
      15:00 大滝発
      16:30 学校着
      16:45 解散式
      17:00 解散
      
2 教頭・学年主任・実行委員長の言葉
 「自主・自立、ふれあい、協力」     教頭 笠原 正志
 7月12、13日は、大滝げんきプラザ及び大滝の自然の中が「教室」です。大滝自然体験学習で、2年生のみなさんに達成してほしい3つ目標があります。一つ目は、「自主・自立」です。今までに経験したことのない学習が待っているかもしれません。「できません」「わかりません」ではなく、「自分で考えて解決する」ことが大切です。二つ目は、「ふれあい」です。大滝の自然は、美しくもあり、厳しくもあります。その自然にじっくりと「ふれあって」ください。そして、学校という場ではできない友との「ふれあい」も大切にしてください。三つ目は、「協力」です。一人では解決できないことも仲間との「協力」で解決できることがあります。手を差し伸べ合うって、お互いの心が通じ合って素晴らしいことなのです。168人全員の「協力」を大切にしましょう。実行委員会のみなさんの準備・運営をねぎらうとともに、この自然体験学習の成功を願っています。

 「みんなで体験しよう!」     学年主任 長谷川達雄 
 ここにはじまる1泊2日の自然体験学習は、2年生にとって最大の「行事」です。屋外炊事、キャンプファイヤー、登山そして宿泊と、自分たちで規律をつくり、自分たちで創りあげるさまざま「イベント」が用意されています。まさに初の「同じ釜の飯を喰う」という貴重な体験のチャンスでもあります。授業においても、マイ箸袋やマイスプーンを手づくりしました。また歌やフォークダンスの練習をし、「きまり」をつくり確認するという準備が実行委員30名を中心に、2ヶ月余りも続いてきました。この準備期間こそが学年全体での“学習の場”であり、大きな収穫でした。ぜひ本番では、みんなで協力・体験し行事をやり遂げましょう。スローガンである「大滝思い出創り隊~深めよう絆大作戦~」を実践し、仲間の新たな一面を見つけ、すばらしい思い出を創ってください。今年3月に発生した東日本大震災で、いまだにあたりまえの生活ができずにいる中学生がいます。あたりまえに力一杯活動できるよろこびを共有し、次の時代を担う若者に成長する機会になってほしいと願います。

 「目標を持って」     実行委員長 坂野あずさ  
 大滝自然体験学習は2年生にとってはじめての宿泊行事です。ただ行って帰ってきて「あぁ、楽しかった」で終わるのではなく、「こんなことができるようになった」と言えるように、一人一人が目標を持って臨んでください。ひとまわり大きくなった自分になれるようお互いに励まし頑張り、168人全員が充実した2日間を過ごせるよう、みんなで協力していきましょう。 

4 思い出アルバム