熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

955848 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

メニュー

学校紹介学校研究生徒会若木祭体育祭部活動学校だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡学校評価

6月予定

1日(木) 前期中間テスト①
2日(金) 前期中間テスト②
               暑さ対策サポーター事業
5日(月) 放課後部活動なし       
6日(火) 全校朝会  
       3年プラネタリウム学習
       PTA高校説明会
7日(水) くまなび開校式 
             放課後部活動なし 
9日(金) 3年修学旅行
        (~11日)    
12日(月)・13日(火) 
       3年振替休業日
13日(火) 2年国宝見学
14日(水) 前期教育実習
                  (~7/4)
15日(木) 生徒朝会(激励会)
20日(火) 学年朝会
        1年内科検診
22日(木) 学校総合体育大会
                熊谷市予選会
        給食なし
23日(金) 
学校総合体育大会
                熊谷市予選会
        給食なし
28日(水) くまなび
        放課後部活動なし

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー40人
ログインユーザー0人

平成25年度の取組

スローガン
いざ行かん! 古都の街並み直に触れ 歴史学ぶもいとをかし
  

1 日  程
    平成25年6月7日(金)
       7:10 籠原駅集合
       7:41 籠原駅発
      12:41 京都駅着
      14:10 法隆寺着
      16:00 奈良公園着

      17:30 奈良公園発
      18:40 ホテル着
    平成25年6月8日(土)
       8:30 ホテル

            京都市内班別行動学習
      16:30 ホテル着
      18:20 宿舎発
      19:40 妙心寺着
      19:00 体験学習-座禅体験
      21:10 妙心寺発
      21:30 ホテル着

    平成25年6月9日(日)
       8:20 ホテル発

       8:30 
クラス別コース学習
             1組:清水寺→三十三間堂
             2組:清水寺→平安神宮
             3組:清水寺→三十三間堂
             4組:清水寺→銀閣寺
      13:36 京都駅発
      15:56 東京駅着
      16:44 上野駅発
      17:55 籠原駅着
             解散

2 宿泊先  ハートンホテル(京都市中京区)

3 学年主任・実行委員長の言葉
 やっぱり「修学旅行」は京都・奈良ですね!     学年主任 野辺 正之 
 広島・長崎・東北・大阪など、修学旅行の候補地はたくさんあります。でも中学生の修学旅行はやっぱり京都・奈良がベストだと思います。
 理由その1:新幹線が利用でき、東京から3時間程度で行ける。
 理由その2:奈良時代から明治時代までの日本の歴史を訪ねることができる。
 理由その3:名所旧跡が比較的狭い範囲内にたくさんある。
 理由その4:ホテルや観光地の人々が修学旅行生の対応に慣れている。
他にもまだまだ京都・奈良の良い点があると思いますが、せっかく行くのですから、建造物や大仏などをしっかり見学して、「歴史」や「芸術」を学習するのはもちろんのことですが(京都・奈良には世界遺産もたくさんあります)、自然(動植物、山や空や空気など)や人(ホテルの人や外国からの観光客、お店の人など)とのふれあいも大切にしてほしいと思います。そして八つ橋や扇子、あぶらとり紙や唐辛子などを買って帰るのもいいですが、いろいろな体験やエピソード、友だちとの交流等、たくさんのすばらしい思い出を「お土産」として家に持ち帰ってください。

 玉井生の自覚をもって行動しよう     実行委員長 見内 慶太
 修学旅行は中学校の校外学習における集大成です。最高学年としての自覚をもち、また遊びではなく学習の一環であることを決して忘れないでください。京都・奈良へ行ったら様々な人がいます。地方から観光に来た日本人。また外国人がいるわけです。ですから、玉中生として見られるだけでなく、埼玉県の生徒、日本の生徒として見られるのです。規律ある態度で行動し、まわりの人に迷惑をかけずに行ってこられるようにしましょう。
 さて、今回の修学旅行のスローガンは「いざ行かん! 古都の町並み直に触れ 歴史学ぶもいとをかし」です。私たちが行く京都・奈良には世界遺産がたくさんあります。日本の伝統文化に触れ、歴史を学んできましょう。またお互いの絆を深めることも大切です。学年全体で行く最後の旅行を、最高の思い出にできるように力を合わせましょう。

4 思い出アルバム


5 旅行記(修学旅行のまとめ)
 玉井中学校では、修学旅行終了後に3年生全員が「修学旅行の思い出」を総合的な学習の時間に一人ずつ1冊の本にまとめています。下のものは思い出のつまった生徒作品のひとつです。