熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

1268175 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

市長とのハートフルミーティング

 

世界チャンピオン木村選手
玉井中学校卒業生
 

メニュー

学校紹介学校研究生徒会若木祭体育祭部活動学校だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡学校評価

2月(如月)予定

 1日(金) 県立特別支援学校入学願書
      受付(2日目)
 2日(土)
 3日(日) 節分
 4日(月) 部活動なし
 5日(火) 全校朝会
 6日(水) くまなび、部活動なし
 7日(木) 1・2年授業参観・学級懇談会
      授業:12356総
      1年生歯科講話(5時間目)
 8日(金) 授業:金1~5+水6
        生徒会専門委員会
        県立特別支援学校入学選考
 9日(土)
10日(日)
11日(月) 建国記念の日
12日(火) 授業:月1~5+火6
        生徒朝会
13日(水) くまなび、部活動なし
14日(木) 授業:テテテテ+木56
        3年後期期末テスト(1日目)
15日(金) 授業:テテテテ+金5木6
        3年後期期末テスト(2日目)
16日(土)
17日(日)
18日(月) 県公立高校入学願書受付
      (1日目(本校出願日))
        県立特別支援学校入試発表
      部活動なし
19日(火) 県公立高校入学願書受付
      (2日目)
20日(水) くまなび(閉校式)、部活動あり
21日(木) 県公立高校志願先変更期間
      (1日目)
22日(金) 授業:金1~5+木6
      下校指導
      県公立高校志願先変更期間
      (2日目)
      1・2年生後期期末テスト前
      部活動中止(~26日(火))
23日(土)
24日(日)
25日(月) 授業:テテテテ+月5
        1・2年生後期期末テスト
      (1日目)
26日(火) 授業:テテテテ+火6
      1年生認知症サポーター養成
      講座(5時間目)
      月例登校指導日
        1・2年生後期期末テスト
      (2日目)
27日(水)
28日(木) 県公立高校入学検査(学検)
        3年特別日課(木123)

*** 3月(弥生:やよい) ***

 1日(金) 県公立高校入学検査
      (面接・実技)

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人

平成24年度の取組

スローガン
心はひとつ 友情・根性・食に愛情
  

1 日  程
    平成24年7月10日(火)
       8:00 学校集合
       8:15 出発式
       8:30 学校発
      11:10 大滝げんきプラザ着
      11:40 入所式
      12:10 昼食
      13:00 オリエンテーリング
      15:15 屋外炊事
      18:30 キャンプファイヤー
      21:10 実行委員会
      22:30 消灯
    平成24年7月11日(水)
       6:30 起床
       7:00 朝食
       9:00 体験学習
      12:00 昼食
      13:00 退所式
      13:50 大滝げんきプラザ発
      17:00 学校着
      17:10 解散式
      17:20 解散


2 教頭・学年主任・実行委員長の言葉
 「心温まる校外学習を願って」     教頭 笠原 正志
 「こころ」は誰にも見えないけれど、「こころづかい」は見える。
 「思い」は見えないけれど、「思いやり」は誰にでも見える。
 この詩は宮澤章二さんの詩集『行為の意味 青春前期のきみたちに』のなかに載せられている詩の一部です。昨年の東日本大震災の後、ACジャパンのCMで放送されました。最初はためらっていた高校生がお年寄りに手を差し伸べる内容などでした。みなさんは、この詩とCMを見て、何を感じ考えましたか。『自分は「見えるこころづかい」や「見える思いやり」を誰かにしているだろうか?』『これからはためらわずに行動に移そう。』などと考えたに違いありません。今回の大滝体験学習は、まさに「見えるこころづかい」、「見える思いやり」を行動に移せる絶好の機会だと考えています。クラスの仲間だけでなく、先生方や他のクラスの仲間、大滝げんきプラザの方々、大滝の自然に対してもです。大滝体験学習のねらいを達成することはもちろん、みなさんとみなさんの周りの人に心が温かくなることを願っています。

 「大滝体験学習に向けて」     学年主任 岡田 和也 
 「大滝林間学校」を成功させるために実行委員を中心に今まで取り組んできました。1年生全員一緒に参加する「大滝体験学習」で経験を積み、1年後の「校外班別学習(川越)」、2年後の「修学旅行」へとつなげていきたいと思います。体験学習ということで、いろいろな体験をしてもらいます。オリエンテーションに始まり、自分たちで夕食(飯盒炊飯)をつくり、うどん、まんじゅう、七宝焼き等の体験学習をしてもらいます。そして何よりも体験してもらいたいのが、仲間と一緒に2日間、共同生活のルールに従って生活してみることです。時にはガマンをしなければならないこともあると思います。また人を助けてあげたり、助けてもらったりと、この2日間の全てが体験だと思います。人と人との絆をさらに深め、思い出深いものにしましょう。

 「友情深める林間学校」     実行委員長 谷口  拓  
 いよいよ1年生になって初めての行事である林間学校です。今回の林間学校が友達との絆や助け合いの大切さに気がつくきっかけになってもらえたら、うれしいと思っています。今回の大滝では一人だけでなく、協力し助け合いながら全員で自然を感じ、全員で助け合い、最後には全員で笑顔で帰ってこれるような林間学校にしていきたいと思っています。そして一生の宝になる思い出をつくりましょう。
                 ~心は一つ 友情・根性・食に愛情~
 今回のスローガンは、心を一つに友情を育み、団結力を強めていくという意味を込めてつくりました。玉井中学校の生徒として誇りと責任を持って行動してほしいと思います。

4 思い出アルバム