熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

1364187 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

市長とのハートフルミーティング

 

世界チャンピオン木村選手
玉井中学校卒業生
 

メニュー

学校紹介学校研究生徒会若木祭体育祭部活動 大会News学校だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡H30「花の友」の軌跡H31「花の友」の軌跡学校評価

8月(葉月はづき)予定

 1日(木) 1年2組清掃当番
       1年生プール授業予備日
      (今年は酷暑のため全日程を
      中止しました)
 2日(金) 教育文化講演会(午前)
 3日(土)
 4日(日)
 5日(月)
 6日(火)
 7日(水)
 8日(木) 1年3組清掃当番
 9日(金)
10日(土)
11日(日) 山の日
12日(月) 振替休日
13日(火) 閉庁日(~16日)、学費振替日
14日(水) 閉庁日
15日(木) 閉庁日
16日(金) 閉庁日
17日(土)
18日(日)
19日(月) 1年4組清掃当番
20日(火)
21日(水)
22日(木)
23日(金) 2年1組清掃当番
24日(土)
25日(日)
26日(月)
27日(火)
28日(水) 全校朝会、授業開始(午前・
      4時間授業)、身体測定、避
      難訓練、給食なし、部活動
      なし
29日(木) 授業日(午前授業)、給食なし
30日(金) 3年生課題テスト、1・2年生
      普通授業、弁当持参、夏休
      み作品提出
31日(土)

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー18人
ログインユーザー0人

研究概要

授業研究
2014/07/31

学力向上研究の方向性

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
                    平成26・27年度 学校研究(学力向上)について
1 研究主題
    主体的に学ぶ態度を育成する指導方法の研究
    -言語活動を重視した授業を通して-

2 研究主題設定の理由
(1) 本校の実態
本校の生徒は、素直で礼儀正しい。学習においても、教師の話をしっかり聞き、まじめにノート をとることができる。したがって、下に記したように、教えたことを覚えるなどの基礎的・基本的 な知識・技能は、ある程度身に付いている。
しかし、活用することや、思考・判断・表現することについては、下に示したように、現在も苦 手としている生徒が多く、課題となっている。            
この課題を解決するためには、中学校教育課程講座総則にも「思考力・判断力・表現力等をはぐ くむ言語活動」と記載されているように、言語活動を重視した授業を展開することが必要である。 そして、そのことから、生徒は「できた」「解決した」といった成就感を味わい、主体的に学ぶ態 度の育成につながると考え、上記研究主題を設定した。
3 研究主題に迫るために
    「主体的に学習に取り組む態度」を養うことについて、学習指導要領解説書総則では、次のよう に述べている。
        確かな学力を育成するためには,基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得させるこ    と,これらを活用して課題を解決するために必要な思考力,判断力,表現力その他の能力を   はぐくむことの双方が重要であり,これらのバランスを重視する必要がある。
      (中略)
       さらに,学習意欲を向上させ,主体的に学習に取り組む態度を養うとともに,家庭との連        携を図りながら,学習習慣を確立することを重視している。
このことを受け、本校では、「主体的に取り組む態度」は、次のような過程を経て、育成でき     ると考えた。
そして、研究主題を達成するためには、授業・環境・家庭の3つが一体となって、課題となっている活用する力や、思考力・判断力・表現力等の育成を図ることが必要であると考え、次のような仮説を立てた。

4 仮説                                                                                 
   │仮説1│                                                                           
     言語活動を重視した授業を展開するなど、指導方法を改善すれば、主体的に学ぶ生徒が育成    できるだろう。
                                                                                         
   │仮説2│                                                                           
     学習環境や言語環境を整備すれば、主体的に学ぶ生徒が育成できるだろう。
                                                                                         
   │仮説3│                                                                           
    思考力・判断力・表現力等を高める課題を示し、家庭学習を充実させれば、主体的に学ぶ生徒が育成できるだろう。

5 組織

(1)授業研究部=言語活動を重視した授業づくりの研究
(2)学習環境部=学習環境や言語環境などの環境整備について研究
(3)調査分析部=家庭学習の在り方について研究、調査分析


10:52