熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

969620 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

メニュー

学校紹介学校研究生徒会若木祭体育祭部活動学校だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡学校評価

7月予定

1日(土) 学総地区代表決定戦
3日(月) 3年実力テスト
4日(火) 全校朝会       
5日(水) くまなびスクール
6日(木)  専門委員会 
8日(土) 第1回資源回収
10日(月) 放課後部活動なし
11日(火) 生徒朝会
       小中学校合同交流会
12日(水) 4時間授業+給食
             放課後部活動なし
15日(土) 授業参観 
       1・2年学級懇談
              3年進路説明会
              PTA高校説明会
19日(水) 授業終了
              給食最終日
       通知票配布
       くまなびスクール

20日(木) 7/15の振替休業日
21日(金) 夏季休業日
               3年教育相談
               (~31日)
24日(月) ~26日(水)
       1年プール授業
              (午後 玉井小)
31日(月) ~8月4日(金)
              2年職場体験学習

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー29人
ログインユーザー0人

25年度の取り組み


テーマ
「beautiful time ~最初で最後の合唱団~

保護者、地域のみなさまの多くのご来場ありがとうございました


1 期 日 平成25年10月


2 合唱曲
   第1学年
   ◎ 学年合唱「Forever」
     指揮者:山本 伴奏者:國分
   ① 4組  「大切なもの」
     指揮者:加藤 伴奏者:貝瀬 BGM:中島
     クラス紹介:友光・小谷・志田
   ② 1組  「この星に生まれて」
     指揮者:篠原 伴奏者:本木 BGM:中島
     クラス紹介:吉野・福本
   ③ 3組  「 Let's Search For Tomorow 」
     指揮者:小池 伴奏者:見内 BGM:諏佐
     クラス紹介:細井・渡邉
   ④ 2組  「HEIWAの鐘」
     指揮者:北原 伴奏者:丸山 BGM:國分
     クラス紹介:吉田

   第2学年
   ◎ 学年合唱「夢の世界を」
     指揮者:樽見 伴奏者:倉崎
   ① 4組  「明日へ」
     指揮者:志村 伴奏者:荻原 BGM:大川
     クラス紹介:村上・早野
   ② 3組  「with you smile」
     指揮者:新井 伴奏者:西山 BGM:堀越
     クラス紹介:山内・高山
   ③ 2組  「心の瞳」
     指揮者:小塚 伴奏者:室岡 BGM:佐藤
     クラス紹介:岩間・内田
   ④ 1組  「COSMOS」
     指揮者:室塚 伴奏者:加藤 BGM:川満
     クラス紹介:星野・森田

   第3学年
   ◎ 学年合唱「大地讃頌」
     指揮者:鈴木 伴奏者:星野
   ① 4組  「走る川」
     指揮者:大坂 伴奏者:神山 BGM:宮沢
     クラス紹介:青木・腰塚
   ② 3組  「手紙」
     指揮者:北原 伴奏者:小林 BGM:福島
     クラス紹介:河原・若林
   ③ 1組  「信じる」
     指揮者:山田 伴奏者:逸見 BGM:小泉
     クラス紹介:貝瀬・堀越
   ④ 2組  「 道 」
     指揮者:鈴木 伴奏者:星野 BGM:田中
     クラス紹介:成瀬・池田


3 学校長・実行委員長の言葉

  「一人ひとりの歌声で感動と勇気、希望を」    学校長 長谷川 雄一

 若木祭は玉井中の一大行事、始まりは昭和55年(1980年)です。通算すると第33回目となります。その3年前の昭和52年に創立30周年記念誌として「若木」第一号が創刊されています。学校沿革誌を調べると合唱祭そのものはもっと以前から行われており、当時からかなり高いレベルで各クラスが競い合っていたようです。
 若木祭は玉井中の生徒はもちろん、保護者や地域の方々、卒業生にとって特別な思いを持つ行事といえます。この1ヶ月間校内のあちこちで練習する歌声が聞こえてきました。各学級が取り組んできた練習の成果を存分に発揮できるよう願っています。
 そして今年も、あなたの歌声が人に感動と勇気、希望を与えるものとなりますように・・・・・・

  「beautiful time ~最初で最後の合唱団~」 実行委員長 土屋 真志

 beautiful time ~最初で最後の合唱団~
 私はこのスローガンの副題の「最初で最後」という部分に強くひかれました。一年生は初めての、3年生は最後の若木祭ですが共通していることは、このクラスで歌うことができるのは最後だということ。きっとクラスで費やした時間の分、美しい時間となって、さくらめいとに素晴らしい歌声が響くことでしょう。
 また、午前中の学習発表でも学習発表部をはじめ、英語スピーチ、理科の発表、創作ダンス、吹奏楽部の人たちも若木祭をよりよいものにしようと自分の時間を使って練習や準備を重ねてきました。
 さくらめいとに来てくださる保護者の方々、先生方に、感動を与えられるような過去最高の若木祭を玉中生417人で創りあげましょう。
  
4 テーマについて
  「beautiful time ~最初で最後の合唱団~」   製作者 古瀬 菜々子

 このクラスで歌うのは、最初で最後。だからみんなで美しい時間を作って、楽しくて思い出に残る若木祭にしようという理由から、このテーマにしました。