熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

1139402 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

全国英語弁論大会出場 市長表敬訪問

 

ふれあい講演会


 武蔵ヒートベアーズ
 富田大貴選手(中央)
 

世界チャンピオン木村選手
玉井中学校卒業生
 

メニュー

学校紹介学校研究生徒会若木祭体育祭部活動学校だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡学校評価

6月(水無月)予定

1日(金)3年修学旅行3日目
4日(月)~8日(金)部活中止
5日(火)全校朝会、下校指導
6日(水)くまなびスクール(開校
    式、これ以降「くまなび」
    と表示する)
7日(木)前期中間テスト1日目、
    学校総合体育大会市予選
    代表者会議
8日(金)前期中間テスト2日目、
    2年暑さ対策サポート
    事業
9日(土)PTA本部役員会9時~
11日(月)~29日(金)前期教育実習
12日(火)全校朝会(学総激励会)
14日(木)保健体育授業研究会
15日(金)生徒会専門委員会
21日(木)学総大会中心日①、
    第1回パソコン検定(パソコン部)
22日(金)学総大会中心日②
23日(土)学総大会中心日③
26日(火)月例登校指導、学年朝会
27日(水)学総大会(陸上)、くまなび
30日(土)学総大会地区代表決定戦

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー26人
ログインユーザー0人

26年度の取り組み

スローガン
「侘 寂 雅 大和に学ぶ和の心」


1 日 程
平成26年6月7日(土)
7:30 籠原駅集合
7:58 籠原駅発
12:41 京都駅着
14:10 法隆寺着
16:20 奈良公園着 クラス集合写真撮影
18:40 旅館着

平成26年6月8日(日)
8:30 旅館発
京都市内班別行動
16:30 建仁時両足院集合
17:00 座禅体験
18:35 旅館着

平成26年6月9日(月)
8:00 旅館発
8:30 クラス別コース学習
1組:金閣寺   ⇒ 竜安時     ⇒ 仁和寺
2組:金閣寺   ⇒ 竜安時     ⇒ 仁和寺
3組:広隆寺   ⇒ 東映太秦映画村
4組:北野天満宮 ⇒ 二条城     ⇒ 三十三間堂
13:39京都駅発
15:56東京駅着
18:02籠原駅着
解散

2 宿泊先 加茂川館 (京都市中京区)


3 校長・学年主任・実行委員長の言葉
『伝統文化を、「みる」・「感じる」旅に!』      校長 瀧口裕史

人生は、旅。
義務教育9年間の最大の旅行でもある、修学旅行。
そこに、皆さんは何を求めるのでしょうか。与えられたものとしてではなく、自ら何かを求めていく、その姿勢が大切です。日本の古都である、京都・奈良への旅。国宝の宝庫ですね。
二つのことをお話します。
まずは、「洗心」という言葉です。皆さんも体験する「座禅」の世界での言葉です。人は、毎日いろいろなことがあります。時に、嫌なことがあったり、
落ち込んだりすることもあると思います。そんな時、「心を洗って」やわらかな気持ちになることが大切です。例えて言えば、「美しい風景」をみたり、「すばらしい芸術作品など」を感じたりすることです。古都の旅で、そんな心が洗われる、すがすがしい体験ができるといいですね。
もうひとつ、「鑑賞の心」を持つということです。
京都・奈良には、たくさんの国宝(仏像をはじめとする美術品)があります。そのうちのどれかひとつでも「みる」、そして「鑑賞する」ことができるといいですね。皆さん一人ひとりの心に刻まれる「旅」になることを期待しています。

「風を感じて」                 学年主任 岡田 和也

風を感じて~   風は、空気の流れだけではありません。
その土地によって、やわらかい風であったり、
そよ風、強い風であったりと・・・。

その土地での感じ方、香りと言うものがあります。山の澄んだ空気を運んでくる風、
の香りを運んでくる風、時には大木をも倒してしまう強い風等。
人によって風の感じ方も様々だと思います。京都・奈良の風をみんなは堂感じるの
でし
ょうね?
歴史の風や古都の香りを感じる風であったり、おいしい食べ物の風であったりと・・・

実際に歴史的な建造物を見たり、京都・奈良の人と会話を持ちその土地の人の言葉
を肌
で感じたり、いろいろと経験する3日間だと思います。
京都・奈良の風を全身いっぱいに感じてください。


「侘・寂・雅 大和に学ぶ和の心」      実行委員長 渡邊 歩


修学旅行は義務教育で、中学校生活初の行事です。
「侘・寂・雅 大和に学ぶ和の心」
のスローガンの下、3年生全員での旅行であり、
授業の一環であることを忘れずに、多くの
ことを学び、考え、そして楽しい修学旅行に
なるようにしましょう。