熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

1139362 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

全国英語弁論大会出場 市長表敬訪問

 

ふれあい講演会


 武蔵ヒートベアーズ
 富田大貴選手(中央)
 

世界チャンピオン木村選手
玉井中学校卒業生
 

メニュー

学校紹介学校研究生徒会若木祭体育祭部活動学校だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡学校評価

6月(水無月)予定

1日(金)3年修学旅行3日目
4日(月)~8日(金)部活中止
5日(火)全校朝会、下校指導
6日(水)くまなびスクール(開校
    式、これ以降「くまなび」
    と表示する)
7日(木)前期中間テスト1日目、
    学校総合体育大会市予選
    代表者会議
8日(金)前期中間テスト2日目、
    2年暑さ対策サポート
    事業
9日(土)PTA本部役員会9時~
11日(月)~29日(金)前期教育実習
12日(火)全校朝会(学総激励会)
14日(木)保健体育授業研究会
15日(金)生徒会専門委員会
21日(木)学総大会中心日①、
    第1回パソコン検定(パソコン部)
22日(金)学総大会中心日②
23日(土)学総大会中心日③
26日(火)月例登校指導、学年朝会
27日(水)学総大会(陸上)、くまなび
30日(土)学総大会地区代表決定戦

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人

平成22年度の取組

スローガン
自律宣言 ~我らが築く玉中林間~
  

1 日  程
    1日目:平成22年7月9日(金)
       7:40 学校集合
       8:00 出発式
       8:20 学校発
      11:00 栃本広場着
      11:20 ハイキング出発
      13:30 大滝げんきプラザ着

      14:00 入所式
      15:00 野外炊事
      18:00 キャンプファイヤー
      20:30 実行委員会議
      22:30 消灯
    2日目:平成22年7月10日(土)
       6:00 起床
       7:00 朝食
       8:10 退所式
      11:00 川越着
             川越班別行動学習
      15:10 川越発
      16:40 学校着
      16:45 解散式
      17:00 解散

2 教頭・学年主任・実行委員長の言葉
 「大滝宿泊体験学習で多くの学びを!」     教頭 関根 光男
 「Learning by Doing」(偽すことによって学ぶ)という言葉があります。
 まさしく、この言葉の通り大滝の大自然の中、また川越の街の中で繰り広げられる宿泊体験学習では、個人旅行や普段の学校生活ではできないたくさんの体験がみなさんを待っています。雄大な初夏の大自然の中で、小江戸と呼ばれる歴史の街で、友と過ごす一つ一つからたくさんのことを学ぶチャンスがいっぱいあります。自分の役割や責任を果たすこと、約束やきまりを守ること、その大切さを集団生活の中で実感すること、自然の雄大さ、すばらしさを体験すること、川越の街で班別行動で協力すること・・・・・・たくさんの学ぶチャンスが、この2日間にはぎっしり詰まっています。「Learning by Doing」(偽すことによって学ぶ)絶好の機会です。このチャンスを逃さず、自分自身、そして玉井中2学年集団を大きく成長させていってください。一人ひとりの皆さんがしっかりとした具体的な目標を持ち、多くのことに積極的にチャレンジすれば、その体験は必ず自分の力としてこれからの学校生活に役立つはずです。そして学年全員で行動すれば、大滝宿泊体験学習を経験した2年生は、行く前とはひと味違う、より成長した学年になることでしょう。これからの玉井中学校を背負っていく皆さんが、この2日間で大きく成長することを期待しています。かけがえのない思い出をつくりましょう。

 「ステップ ~大滝宿泊体験学習~」     学年主任 大谷 裕紀 
 1年生の赤城山スキー体験がホップ、今回の大滝宿泊体験がステップ、来年の修学旅行がジャンプ。三段跳びのホップ、ステップ、ジャンプ。最後のジャンプをより遠くに飛ぶために、その前のふたつのジャンプが大切です。3年間の集大成の修学旅行を充実させるために、このように3年間の宿泊学習を考えています。さて今回の大滝宿泊体験学習のスローガンは「自律宣言~我らが築く玉中林間~」。大いに期待しています。先生主導ではなく、君たちひとりひとりがしおりを熟読し理解し個々の役割が個々の責任のもと果たせるように、そう願っています。ですから帰ってきて、みなさんが「自律出来た宣言」を発することができるように今から準備を怠らないようにしっかりやっていきましょう。不安だったらしおりで確認する。わからなかったら実行委員に尋ねる。決してしおりに書いてあるようなことを先生方に尋ねない。「計画通りに、変更があれば必ずメモを取り、考え、動く。そして常に時間を守る」。個々に役割や課題は違うと思いますが充実した宿泊体験学習にしましょう。これが来年の修学旅行へとつながり成功へと導くでしょう。

 「ひとりひとりが築く林間学校に」     実行委員長 柴崎  稜  
 赤城の林間から、すでに5ヶ月ちょっと過ぎました。いよいよ2年生になって初めての行事である大滝自然体験学習です。今回の大滝での体験を、一生心に残るものにしていくために頑張っていきたいと思います。今回の林間学校では、前回同様、全員に仕事があると思います。ぜひその仕事だけでなくて、自分以外の人の仕事なども積極的に手伝ってあげてください。一人ひとりが考えて行動する。それがやはりこの林間学校の成功につながると思っています。仲間と協力し助け合いながら、この玉中林間を大成功させましょう。
                自律宣言 ~我らが築く玉中林間~
 今回は、このスローガンを達成させるため、2年生全員で活動していきたいと思います。自律宣言には、自分勝手には行動しないでルールに従い行動するという意味があります。またサブタイトルには、一人ひとりが自覚と責任を持ち、この玉中林間を成功させるという気持ちを込めました。常に頭に置いて行動しましょう。

4 思い出アルバム