熊谷市立玉井中学校
〒360-0831 熊谷市久保島888番地
TEL 0
48-532-3577  FAX048-533-3206
 
志を高く 夢を大きく 日々努力する生徒の育成 
 

現在のアクセス件数

1028334 H22.6.19~

  玉井中学校
「ラグビーオリパラ教育の推進
 

世界チャンピオン木村選手
玉井中学校卒業生
 

メニュー

学校紹介学校研究生徒会若木祭体育祭部活動学校だより「栄光の記録」保健室校外班別行動学習自然体験学習修学旅行PTA防犯メール学校安全マップいじめ撲滅H26「花の友」の軌跡H27「花の友」の軌跡H28「花の友」の軌跡学校評価

10月予定

3(火)学年朝会
4(水)くまなびスクール
7(土)第2回資源回収
11(水)3年実力テスト
     くまなびスクール
14(土)新人戦大里地区代表決定戦
     (サッカー・バレーボール)
17(火)期末短縮
18(水)期末短縮
19(木)前期終業式
20(金)~22(日)秋休み
23(月)後期始業式
     英検IBAテスト
24(火)熊谷市駅伝競走大会
25(水)生徒朝会(壮行会)
26(木)若木祭
27(金)振替休業日(11/4)
28(土)くまなびスクール
     9:30~11:30
31(火)生徒朝会

 

メルたま(玉中防犯メール)

この人の一言

「宮澤章二」の画像検索結果
       宮澤章二

「心」はだれにも見えない
けれど「心遣い」は見える

「思い」は誰にも見えない
けれど「思いやり」は見える

あたたかい心もやさしい思いも
行いによってはじめて見える
      

 
オンラインユーザー51人
ログインユーザー0人

平成21年度の取組



テーマ

「 We are the World ~奏でる絆~ 」
  

1 期 日  平成21年10月23日
2 日 程
   10:00 開会式
   10:30 学習発表会
   13:20 合唱コンクール
     第1学年
      1 2組「大切なもの」
        指揮者:猪俣  伴奏者:稲川  学級紹介:加藤  BGM:荻原
      2 4組「Tomorrow」
        指揮者:長瀬  伴奏者:関根  学級紹介:嶋  BGM:長谷川
      3 3組「Let's seach for Tomorrow」
        指揮者:安野  伴奏者:鈴木  学級紹介:柴﨑  BGM:三村
      4 1組「マイバラード」
        指揮者:渡辺  伴奏者:中西  学級紹介:渡辺  BGM:植竹
     第2学年
      1 4組「心の瞳」
        指揮者:依田  伴奏者:登坂  学級紹介:栗田  BGM:鈴木
      2 3組「君とみた海」
        指揮者:山下  伴奏者:本田  学級紹介:室岡  BGM:久下 
      3 1組「OMUNIBUS STAR 光年の旅」
        指揮者:鎌田  伴奏者:根岸  学級紹介:今井・森川  BGM:小内
      4 2組「HEIWAの鐘」
        指揮者:腰塚  伴奏者:小林  学級紹介:細川  BGM:森元
     第3学年
      1 4組「名づけられた葉」
        指揮者:中野  伴奏者:菊池  学級紹介:小林・昇  BGM:新井
      2 3組「IN TERRA PAX」
        指揮者:結城  伴奏者:高根  学級紹介:島田  BGM:分須
      3 1組「聞こえる」
        指揮者:佐々木  伴奏者:宮本  学級紹介:小林  BGM:並木
      4 2組「信じる」
        指揮者:富岡  伴奏者:斉藤  学級紹介:中嶋・栁田  BGM:星野
   15:30 閉会式

3 実行委員長の言葉
 「若木祭に向けて」     実行委員長(生徒会長) 西  美樹 
 いよいよ玉井中最大の行事「若木祭」で、みなさんのパワーを集結するときがきました。若木祭成功に向けて、テーマの「We are the world ~奏でる絆~」を胸に、実行委員会を中心に力を合わせてきたことと思います。「We are the world」には、「僕らは仲間」という日本語訳がつけられています。時には仲間の絆が弱くなった時もあったかもしれません。またある時には心を繋ぎ、美しいハーモニーを奏でることが難しかったこともあったかもしれません。しかし本番では「」のように、みんなで一つになり、みんなで絆を奏で合いましょう!! そして、本年度の生徒会目標である日本一美しい学校をつくっていきましょう。

4 テーマについて
 「We Are the World ~奏でる絆~」     制作者 根岸  拓生
 この”We Are the World”とは、もともとアフリカで飢えや貧困に苦しむ人々のためにつくられた曲で、アメリカのマイケルジャクソンをはじめとする歌手がチャリティーとして歌いました。そして、この曲には”僕らは仲間。仲間のために行動を起こそう。”というメッセージが込められています。人は一人ではできないことも、仲間がいれば乗り越えられる。これは若木祭のための練習のなかで僕たち全員が感じたことだと思います。仲間の一人として誰かに手を差しのべることに理由はいりません。なぜなら、それこそが真の仲間だと言えるからです。若木祭ではそんな仲間たちとの絆を最高の合唱で表現したい。そして日本一の名にふさわしい若木祭を、この玉井中の仲間と創りあげたい。そんな思いからこのテーマを考えました。さくらめいとに最高の仲間との絆で、最高の歌声が響くことを願っています。

5 思い出アルバム